ARAでの操作

対応DAWとのMelodyneのARA統合は特にユーザーフレンドリーです。その利点には、Melodyneプラグインへの転送が不要であること、MelodyneがDAWトラックの変更すべてに自動で追従すること、DAWでMelodyneのテンポ検知機能を活用できることなどがあります。

正確な機能は、DAWがどのようにARAを実装しているかにより異なります。このツアーでは、Melodyne側からMelodyneに関連するARA統合の一般的な機能について説明しています。また、特定のDAWでのARA統合に関するヒントやアドバイスは、ヘルプセンターにあります。このツアー下の「関連トピック」セクションや、検索機能、トピックフィルターを使用して読むことができます。

トラックモード

ARA統合では、MelodyneプラグインをインサートしてDAWトラックを開くと、ノート編集に次の2種類のモードを使用できます:トラックモードとクリップモードです。ノートエディター上のボタンを使用して切り変えることができます。左のボタンはトラックモードを、その右のボタンはクリップモードをそれぞれ有効にします。

トラックモードでは、DAW内でのトラック内のクリップ数に関係なく、Melodyneで開いているトラックの内容全てを表示できます。

クリップ境界は、Melodyneでは灰色の縦線で示されます。境界の移動はDAW内で実行し、Melodyne内では実行できませんが、Melodyneユーザーインターフェース内の線がDAWに合わせて移動します。これにより、クリップ変更があるノートの中央など都合の悪い部分に生じている場合、すぐに判別することができます。

トラックモードのマルチトラックビュー

トラックモードでは、Melodyneがインサートされている全てのDAWトラックのリストを表示できます。

(色付きの)[編集]スイッチおよび(灰色の)[参照]スイッチを使用して、トラックに属する全てのノートをノートエディターに表示できます。CmdまたはShiftキーを押したまま[編集]ボタンをクリックすると、ノートエディター内の複数のトラックのノートを同時に表示して一度に編集できます。これは、たとえば和音が確実に調和するよう、ボーカルのハーモニー全てに同時にアクセスしたい場合などに行います。

同じテクニックを使用して、対応する灰色の[参照]ボタンをCmdまたはShiftクリックして、参照用に1つまたは複数のトラックを表示に追加できます。これらのトラックのノートも灰色で表示されます。これは、これらのノートが不意の編集を防ぐためロックされており、単にハーモニーやリズムの参照用に表示されていることを示します。典型的な使用方法としては、ボーカルのハーモニーを編集する際に参照用にリードボーカルを表示させる手法があります。これにより、結果として生じる和音をきちんと調和させることができます。

アドバイス:ノートエディター内に複数のトラックが同時に表示されており、複数のクリップから構成されている場合、クリップ境界を示す灰色の線は、その数が非常に多くなり、表示を分かりにくくしてしまうことがあります。このような場合、[オプション]メニューの[クリップ境界を表示]オプションをクリアすると、灰色の線が非表示となり、乱雑さを低減できます。

DAW内のクリップ選択に追従:Melodyneのトラックパネルの[編集]スイッチでは、ノートエディターに表示されるトラックを選択できますが、DAW内でトラックを選択しても、Melodyneの[編集]スイッチがリモートで有効化/無効化され、結果として表示されるトラックを選択できます。これは、Melodyneの[オプション]メニューで[DAW内のクリップ選択に追従]が選択されている場合にのみ生じます。

注:この方法でDAWからリモートで選択できるのは一度に1つのトラックのみです。この選択が行われると、そのクリップを含むトラック以外の全てのトラックの[編集]ボタンが自動的に無効化されます。この動作が生じないようにするには、[DAW内のクリップ選択に追従]オプションをクリアします。このメニューを使用する代わりに、トラック名の前にある点をクリックすることもできます。

この点は、DAW内で直前に選択したクリップが含まれるトラックを示す役割も果たしています。

[参照]ボタンの状態は、[DAW内のクリップ選択に追従]オプションの影響を受けません。

クリップモード

トラックモードの対となるのがクリップモードです。ノートエディター上の右側のモードボタン(blobボタン)をクリックして選択します。

クリップモードでは、DAWトラックのクリップを一度に1つのみ表示できます。トラックリストはビューに表示されたままとなりますが、クリップモードでは[編集]ボタンと[参照]ボタンが灰色表示になります。トラックモードとクリップモードでは、クリップ境界にノートが表示される方法が異なります。トラックモードではDAWにより決定されるクリップ境界内にあるノートのみ表示されますが、クリップモードでは境界の両側のノートも表示され、Melodyne(灰色の背景内のエリア)に表示されるのは、DAWでクリップのサイズを変更した際に聞こえる部分となります。

クリップ境界を越える機能は、コンピングなどのタスク実行時に利点となります。(コンピングとは、複数のテイクから各パッセージのベストな部分を選別し、選択したクリップを連結させ、最良のパフォーマンスとなるような素材にすることです)。問題となるクリップ境界に重なるノートは、コンピング時に特定の問題を引き起こします。クリップモードでは、これらの問題は、問題のあるノートがクリップ内に収まるよう動かしたり短縮したりするだけでノートレベルで解決することができます。クリップモードでは、クリップ境界外のノートをコピーしてクリップにペーストすることも可能です。これは、コンピング時に非常に便利です。

トラックモードからクリップモードへ、クリップからクリップへ切り替える

トラックモードでは表示されているものが何であるか(現在選択されている全DAWトラックの内容)はっきりしているのに対して、クリップモードではトラックのクリップの_いずれか_のみ表示されるため、クリップモードに切り替える際には、その前に編集したいクリップが_どれ_なのかを指定する必要があります。それが不明なままだと、クリップモードボタンは灰色表示になります。この場合、トラックモードの状態で、確認したいクリップがどれなのかをはっきりさせる必要があります。これは2種類の方法で行えます。

  • ノートを選択する。この場合、対象となるクリップがはっきりする:選択されているノートを含むもの
  • 範囲を選択する。選択されている全てのノートが同じクリップに属する場合も、同じようにはっきりする。全てのノートが同じクリップに属さない場合、選択範囲を(必要に応じて1つのノートまで)狭める必要がある。

ノートがひとつも選択されていない場合、MelodyneはDAW内でどのクリップが選択されているかを確認します。DAW内で現在選択されているのが1つのクリップのみの場合、Melodyneはその内容をクリップモードで開きます。複数のクリップが選択されている場合、確認したいトラックに属するノートを選択するだけでこのあいまいさを解決できます。

アドバイス:クリップモードになっている際にクリップを変更したい場合、トラックモードに切り替える必要はありません。DAW内で希望のクリップをクリックすれば、Melodyneにその内容が即座に表示されます。もちろんこれは、選択されているクリップを含むトラック内にMelodyneがすでに存在している場合にのみ適用されます。

ノートアサインメントモードに切り替える現在のノート選択から確認したいクリップが明らかである場合にのみ、トラックモードからノートアサインメントモードに切り替えることができます。そのため、必要に応じて、ノートアサインメントモードで確認したいクリップのいずれかのノートをクリックします。クリップモードからノートアサインメントモードへは直接切り変えることができます。これは、クリップモードでは一度に1つのクリップのみ選択できるので、確認したいクリップがはっきりしているためです。

Melodyneでのローカル再生

たとえば、タイムルーラーやトランスポートボタンを使用してDAWから再生を開始すると、フルアレンジが再生されます。DAWミキサーはその後トラック間のバランスを判断します。同じ事は、Melodyneルーラーをダブルクリックして再生を開始する際にも言えます。ただし、Melodyneだけで再生をコントロールすることも可能です。これを「ローカル再生」と呼びます。ARA統合があれば、このローカル再生はノートエディターの背景をダブルクリックして開始できます。

ローカル再生中に聞こえる内容は、現在の編集モードにより異なります。

トラックモードでのローカル再生: ローカル再生中のトラックモードでは、Melodyneが使用されている全てのDAWトラックが聞こえます。これらのトラックは通常どおりDAWミキサーを通過しますが、編集ミックスフェーダーを使用してMelodyneでプリミックスすることができます。

これが左端にある場合、色付きのノート、つまり、ノートエディター内で編集用に現在開いているトラックに属するノートのみ聞こえます。フェーダーを中央に向かって動かすと、灰色のノート(参照用にのみ表示されている)がフェードインします。フェーダーをさらに右方向に動かすと、Melodyneのトラックリスト内の残りのトラック、つまり編集用でも参照用でもない開いているトラックがミックスに加えられます。編集ミックスフェーダーは、Melodyneでのローカル再生中のみ効果を生じます。DAWから再生を開始すると、ソングのトラック全てが聞こえ、編集ミックスフェーダーは効果を生じず、灰色表示になります。

クリップモードでのローカル再生: このモードでは、Melodyneのノートエディター内で現在開いているクリップのみ聞こえます。ただし、このモードでの再生とDAWでの再生の間の大きな違いはクリップ境界に現れます。DAW再生中は、選択されているクリップの境界内にあるもののみ聞こえます。クリップ境界の配置が良くなく、ノートの先頭または末尾が切れている不完全なノートがある場合、DAW再生中にすぐ分かります。一方、ローカル再生中は、クリップ境界をまたぐ素材(灰色の背景のエリア内)が聞こえます。

そのため、DAWでクリップ境界を動かした場合どのような音になるのかを確認することができます。これは、このトラックの残り(下内定義されているクリップ外にある部分)を作業中のクリップ内にコピー&ペーストして素材として使用したい場合などにも便利です。

ローカル再生とDAW再生は、再生テンポの面でも異なります。次のセクションではこれについて説明します。

ARA統合のテンポとテンポ調整

ARA統合の利点のひとつに、オーディオファイルのテンポを既存のソングテンポに合わせて調整できることがあります。これは技術的には次のように機能します。Melodyneは各オーディオファイル(とDAWアレンジ内の各クリップ)に対して元の録音のテンポを「検出」します。これは、クリックなしで録音されており、テンポの揺れが含まれるテイクでも機能します。また、現在のDAWソングと大きく異なる状況で録音されていても(たとえば、別のソングから取得されたステムや別のループライブラリから取得されたループなど)機能します。この情報はMelodyneによりまず「発見」され、DAWに伝えられます。その後、該当するファイルの再生テンポを「変形」させ、ソングテンポに完全にマッチさせて欲しいとのリクエストと共にMelodyneに戻されます。

ARA制御によるMelodyneとDAW間のこのやりとりには手を加える事ができるようになっています。なぜなら、DAWがMelodyneのテンポ処理を「信用」するべきかどうかが不明な場合など、ユーザーが判断すべき状況があるためです。ステムが一定のテンポで録音されたことが分かっていて、Melodyneに存在しない可変テンポを検索させる必要がない場合などがこれに当たります。このプロセスに介入する方法については、次のセクションで手順を追って説明しています。

  • DAWトラックが、クリップのテンポをソングのテンポに合わせて調整できる状態になっている必要があります。これはDAW側の機能で、ここではStudio Oneを使用しています。

ファイルテンポと現在のソングテンポが同じである場合、括弧のない_単一の_値がMelodyneのテンポフィールドに表示されます。ここに2つの値が表示される場合、Melodyneはソングのテンポとは異なるファイルテンポを検出しています。1つ目の値はソングのテンポです(ここでは83BPM)。括弧内の値はMelodyneがオーディオファイル内で検出したテンポを示しています(ここでは117BPM)。

一方、トラックモードでは、ソングテンポのみが表示され(ここでは83)、括弧内には何も表示されません。また、「生の」ソース素材を分析するノートアサインメントモードでは、ファイルテンポのみ表示されます(ここでは117)。

  • テンポの不一致をどのように解消するかはユーザーの判断に因ります。これを行うには、[テンポ]ダイアログを開きます。

“ファイルテンポとして確定”: DAWがMelodyneが検出したテンポを受け入れます。これにより、Melodyneのタイムストレッチがトリガーされ、オーディオファイルのテンポがソングのテンポに合わせて調整されます(ここでは、117から83BPMに変化)。一般的な用途:(テンポが分からない)オーディオファイルを使用していて、このファイルのテンポをソングのテンポに合わせたい。

“ファイルテンポをアサイン”: Melodyneがファイルテンポの検出に失敗していると思われる場合、このコマンドで、テンポエディターを[テンポをアサイン]モードで開き、テンポを手動で修正できます。一般的な用途:ボーカルテイクからファイルが構成されており、テイクに一時停止が多数含まれているためMelodyneがファイル検出に必要な基盤を見つけることができず、結果としてテンポが誤って認識される場合。テンポアサインでMelodyneのテンポ検出を調整し、その後のタイムストレッチが正確な値を元に行われ、音楽的に正しい結果が提供されるようにします。

“プロジェクトテンポを適用”: この場合、Melodyneが検出したテンポに関係なく、ファイルをタイムストレッチさせたくありません。つまり、ファイルとソングのテンポが同じだとあなたは判断しています(タイムストレッチの必要なし)。一般的な用途:Melodyne内でパッセージを開くかどうかを決める前に、DAWが提供する機能を使用してファイルのテンポをソングのテンポに合わせて調整している場合で、Melodyneでメロディやキーを変更したいが、実行済みのテンポ調整を台無しにしたくない場合。

“一定のテンポを適用”: このコマンドでは、必要に応じてファイルテンポを手動で設定できます。これを行うには、メニューからこのコマンドを選択して[テンポ]フィールドに希望のテンポを入力します。ソングにインポートしようとしている録音のテンポが分かっている場合、これを行うとよいでしょう。たとえば、ソングテンポが83BPMで、サンプリングCDからドラムループをインポートしようとしていて、CDのブックレットに書かれているテンポは90BPMであるとします。概して、Melodyneは即座に90BPMを検出し、[テンポ]フィールドに「83 (90)」と表示します。この場合にタイムストレッチをトリガーするには、[ファイルテンポを確定]を選択するだけでかまいません。Melodyneがファイルテンポに90BPM以外の値を表示した場合(たとえば、ループを2倍の長さと解釈して「83 (180)」と表示するなど)、[一定のテンポを適用]コマンドを使用して「180」の代わりに「90」を入力して修正できます。

ファイルテンポが特定の値に自動的に設定されているような特別なケースもあります。これは次の場合に生じます。

  • ... 新しい素材を直接ソング内に録音した場合。この場合、Melodyneは、あなたが他のトラックを聞きながら(少なくともクリックを聞きながら)演奏しているものとみなし、該当のテイクのテンポがソングのテンポに合わせられているものと仮定します。そのため、テンポの分析は意味を成さず、それ以降タイムストレッチをパフォーマンスに適用すると、さまざまな結果がもたらされます。
  • ... AppleループまたはStudio Oneフォーマットのループを追加した場合。この場合、DAWはファイル内にエンコードされているテンポ情報を「信頼」し、Melodyneに分析をリクエストしません。

テンポとタイムグリッド

「正しい」ファイルテンポが見つかる(または[テンポ]ダイアログで指定する)と、他の目的や音楽的に微妙なテンポ調整に役立ちます。これにより、ファイルテンポがタイムルーラーの較正およびノートエディターの背景内のグリッド線の位置も決定するため、ノートの編集作業が簡単になります。

ノートを左または右に16分音符分だけ動かしたいとします。この場合、16分音符は現在のソングテンポ(たとえば100BPM)の関数であると考えます。しかしタイムグリッドは元の録音のテンポ(たとえば120BPM)に基づいているため、ノートを16分音符単位で動かそうとすると、間違った場所に配置されてしまいます(テンポが速いほど、グリッド線の間隔は狭くなる)。そのため、ARAでつながるDAWとMelodyneは、ルーラーとタイムグリッドが常に現在のテンポを「正確」に示すよう、またクオンタイズが同じく「正確」に行われるよう努めます。以下では、さまざまな編集モードと、ローカル再生とDAW再生の間の違いを考慮した概要を説明します。

トラックモードでのテンポディスプレイ:

  • Melodyneの[テンポ]フィールドには1つの値が表示されます:DAWのソングテンポです。
  • Melodyneのルーラーとノートエディター背景内のタイムグリッドは同期しており、同じ原理に従って互いに較正されます。ソングテンポが速いほど、線の間の感覚は狭くなります。

クリップモードでのテンポディスプレイ:

  • Melodyneの[テンポ]フィールドには(上記のとおり)2つの値が表示されます:ソングテンポと、括弧内のファイルテンポです。ファイルのテンポがソングのテンポと同じ場合、1つの値のみ表示されます。
  • Melodyneのタイムルーラーとノートエディター背景内のタイムグリッドは必ずしも同期にはなりません。これは、ルーラーはソングテンポを反映するのに対し、グリッドはファイルのテンポを示すためです。2つのテンポが一致しない場合、ルーラー上のダッシュはグリッドの線と一致しなくなります。

これが正しい状態で、DAW再生中のダイナミックなタイムストレッチの効果を示しています。タイムグリッドと元の録音のノートは、ソングテンポに合わせて伸縮され、またルーラーも同じです。もちろん結果は、タイムグリッドが「正確な」テンポ検知またはテンポ入力に基づいて較正されている場合にのみ音楽的に有効なものとなります。このため、クリップモードではタイムグリッドを確認してノートに対応しているかどうかを確かめることができます。対応していない場合、上記の[テンポ]ダイアログオプションを使用して必要な調整を行えます。

  • DAW再生中、クリップはソングのテンポ、つまり括弧の_前_の値に従います。これは、このテンポに合わせて元のファイルを伸縮することで行われます。
  • ローカル再生中、クリップはオリジナル(ファイル)のテンポ、つまり括弧内に表示されたテンポで聞こえ、タイムストレッチやスクイーズは生じません。

ノートアサインメントモードでのテンポディスプレイ:

  • Melodyneの[テンポ]フィールドには1つの値が表示されます:元のファイルのテンポです。
  • ルーラーとタイムグリッドは同期します。
  • DAW再生はソングテンポに従います。ローカル再生はファイルテンポに従います。ここには違いがひとつあります。この編集モードでMelodyneルーラーをダブルクリックすると、ローカル再生がスタートし、DAWの再生は(トラックモードやクリップモード同様)スタートしません。

ノートをクオンタイズする

「テンポとタイムグリッド」セクションで説明したとおり、ルーラーとタイムグリッドの間にずれがでることがあります(クリップモードのみ)。これらはガイドとして機能し、タイムグリッドがルーラーから16分音符分だけ前にあることから、DAWで16分音符分前に動かした可能性があることが示されます。

ただし、このようなオフセットはクオンタイズに影響します。これは、Melodyneがクオンタイズに独自のタイムグリッドを使用し、DAWのルーラーを使用しないためです。もちろん実際には、2つはほぼ同一で、クオンタイズはMIDIエディターでの操作に似た動作になります。しかし、上記のように、クリップがDAWアレンジで移動されている場合(数ミリ秒分)、クリップモードでは、クオンタイズされる先(クオンタイズを実行するとノートが移動する方向)は見て分かります。

トラックモードでのクオンタイズはクリップモードでのクオンタイズと同じように機能し、元のファイルのタイムグリッドに基づきます。ただし、トラックモードでは、上記のような例外のケース(DAW内でクリップが左右にわずかに動いている場合など)ではクオンタイズ先がグリッド線から少しだけずれているため、DAWのタイムグリッドが分かりにくい場合もあります。ですがこれは見た目のずれに過ぎません。気になる場合はクリップモードに切り替えると、クオンタイズ先とグリッド線が一致するようになります。

ノートをコピーおよびペーストする

クリップ内では、ノートを制限なくコピー&ペーストできます。あるクリップからノートをコピーして別のクリップにペーストできるかどうかは、これら2つのクリップが同じオーディオファイルにアクセスしているかどうかによります。

たとえば、DAWでドラム録音をクリップに分割し、DAWアレンジ内に配置して、それをMelodyneのトラックモードで見ているとします。この場合、ノートは、クリップ境界を気にすることなく、自由にコピー&ペーストできます(クリップがもともと_ひとつ_の長い録音物の一部であるため)。

一方、複数の異なる録音(ボーカルのテイクなど)から取得したスニペットをDAWアレンジ内にコラージュして、それをトラックモードで見ている場合、上記と同じ自由度でノートをコピー&ペーストすることはできません。以下の図では、由来元のテイクごとにクリップが色分けされています。

ここでは小節17の先頭で選択されているノート(および赤のクリップに由来するその他のノート)をコピーして小節16にペーストすることはできません。これは、ペースト先に異なる色(この場合緑)のクリップが含まれており、別の録音に由来するものだからです。ただし、同じ赤のテイクに由来する小節18にペーストすることは可能です。

サウンドエディターのトラックモードとクリップモード

ARA統合使用時のサウンドエディターは(スタンドアロンの場合同様)_トラック単位_で機能します。つまり、トラックモードで作業しており、該当のトラックに複数のクリップが含まれている場合、サウンドエディターになされたあらゆる変更は全てのクリップに同じように影響を与えます。たとえば、第3上音を10dB下げた場合、この設定はトラック上の全てのクリップに適用されます。

ただし、クリップモードに切り替えて、選択されているクリップの第3上音を4dB上げると、選択されているクリップ内の該当する上音の値は2つの調整の合計(つまり-6dB)になり、他のクリップ内の第3上音の値は-10dBになります。こうすることで、それぞれのクリップに異なる設定を適用できます。

ここでトラックモードに戻すと、サウンドエディター内に-10~-6dBの値が該当する上音に対して表示されます。これは表示上の妥協で、該当する全てのクリップの平均が表示されています。

同様に、各クリップのパラメーターを調整するためクリップモードに切り替えることを繰り返すと、他のサウンドエディターコントロールも近似値を表示することがあります。先にも述べたとおりこれは一種の妥協ですが、これが混乱の元になりそうな場合は、目ではなく耳を信頼するようにしましょう。

上記の動作は、指定のトラック上の全てのクリップが異なる録音に由来する場合に生じます。全てではなく、一部のクリップが同じ録音に由来するものの場合、この動作はいくらか異なります。このようなクリップのサウンドエディター設定に行った変更は全て、それと同じ録音に由来するクリップにのみ適用されます。

たとえば、4つの異なるテイクから1つのボーカルトラックを(上で説明した)コンピングで作成した際、ひとつのテイクの音が他と若干異なっていた(別の日に録音されていて声の質が違っているなど)とします。この場合、サウンドエディターで音質が異なっているテイクに由来するクリップを変更すると、そのテイクに由来する_全ての_クリップに影響します。

比較スイッチ

Melodyneでの作業中、編集された録音の現在の状態と、元のオーディオファイルを比較したい場合がよくあります。Melodyneを無効にするDAWのバイパス機能に加えて、Melodyneの[比較]スイッチは同様の機能を果たします。

ただし、DAWのバイパス機能とは異なり、Melodyneの[比較]スイッチは全ての編集の音だけでなく見た目の違いも比較します。次のような影響があります。

  • [比較]スイッチは、どのトラックであるかに関係なく、また現在ノートエディター内に表示されているかどうかに関係なく、Melodyneがコントロールする全てのクリップに影響します。そのため、ソング全体が、Melodyneでノート編集を開始する前の状態に戻ります。
  • マクロやツールを使用して行ったかどうかに関係なく、ノートになされた全ての変更が解除されます。
  • DAWのテンポに合わせるためのクリップのテンポ調整は_有効なまま_となります。